ロッヂへのアクセス&施設紹介、『どん』の起源、『どん』のロゴマーク、ロッヂからの眺めなど
施設・アクセスなど
 アクセス

大きな地図で見る
秋のロッヂ全景
 
 関越自動車道塩沢石打ICインターより3分。
 上越新幹線越後湯沢駅東口よりバス15分舞子
 ゴンドラP終点のすぐ側。舞子スキー場
 舞子ゴンドラステーション(フォレストハウス
 舞子)側の1軒宿で、ゲレンデまで徒歩1分、
 小さな子供でも迷うことなくスキー場まで行き
 来できます。食堂から車で15分の上越国際ス
 キー場全景が眺望出来(肉眼で滑っている人た
 ちが見える)、もちろん舞子スキー場ゲ
 レンデは、部屋からゴンドラやリフトの混雑具
 合を確認してから出掛けられます。
関越自動車道 塩沢石打ICより3分
   〈175q〉       〈130q〉
 練馬 -------《塩沢石打》------- 新潟
    約120分       約90分
 
上越新幹線 越後湯沢駅からバス15分
         舞子ゴンドラ終点すぐ側
 
    約70分       約45分
 東京 -------《越後湯沢》------- 新潟
          \___ 金沢
    ほくほく線経由 約150分
「ロッヂどん」ガイドマップ
 
 
冬のロッヂ全景
 
 関越自動車道塩沢石打ICインターより3分。
 上越新幹線越後湯沢駅東口よりバス15分舞子
 ゴンドラP終点のすぐ側。舞子スキー場
 舞子ゴンドラステーション(フォレストハウス
 舞子)側の1軒宿で、ゲレンデまで徒歩1分、
 小さな子供でも迷うことなくスキー場まで行き
 来できます。食堂から車で15分の上越国際ス
 キー場全景が眺望出来(肉眼で滑っている人た
 ちが見える)、もちろん舞子スキー場ゲ
 レンデは、部屋からゴンドラやリフトの混雑具
 合を確認してから出掛けられます。
関越自動車道 塩沢石打ICより3分
   〈175q〉       〈130q〉
 練馬 -------《塩沢石打》------- 新潟
    約120分       約90分
 
上越新幹線 越後湯沢駅からバス15分
         舞子ゴンドラ終点すぐ側
 
    約70分       約45分
 東京 -------《越後湯沢》------- 新潟
          \___ 金沢
    ほくほく線経由 約150分
「ロッヂどん」ガイドマップ
 ロッヂの施設紹介
 全室和室畳敷き13室(8畳6室、6畳7室)全室FF暖房・こたつ・無料TV・夏期クーラー付
 毎年3月下旬の土曜日、舞子スキー場「雪まつり」(花火打ち上げ)があります。スキー場ではいろいろなイベントやサービスがありますが、なんといってもクライマックスは花火の打ち上げ、三尺玉の打ち上げは無くなりましたが、花火の打上げ師の姿をも見える場所と、宿泊施設では唯一最高のロケーションにあります。
 チェックイン前の着替えと荷物預かり、チェックアウト後の荷物預かり及びお帰り時の着替えとシャワーOK!お車の駐車もOKです。

   宿泊料金はこちらです。
 

冬のロッヂ全景
       「どん」は雪の中
秋のロッヂ全景
         秋のロッヂ「どん」
食堂紹介
    食堂
客室紹介
   お部屋
食堂
食堂

内風呂、野天風呂はこちらです。
 

かまくら制作中

かまくら制作中

かまくら完成間近
完成間近のかまくらと赤いうさぎ
完成したかまくらでお客様は記念撮影
完成したかまくらの前でお客様も記念撮影
 
 『どん』の起源

昔から屋号が「まごぜエん」と呼ばれて来ました。呼ばれ方として昔話にも出てきますが、愛着を込めて「〜どん」=「まごぜエんどん」と通常呼ばれています。「ロッヂ まごぜんどん」を予定していましたが、長くて又、聞き慣れない言葉なので覚えてもらえないだろうと、省略して「ロッヂどん」にしました。これが、「ロッヂどん」の始まりです。
 
『どん』のロゴマーク
「どん」のロゴマーク 青:青い空、きれいな空、宇宙など

白:冬の雪、純白、水の元(水源)

緑:春夏の自然、新緑、木材

黒:縁取りでしっかり全体を繋いでいる

 ロッヂからの眺め

1998年11月21日朝 舞子高原も全面雪化粧(ロッヂから撮影)  
 
ロッヂからの眺め



 
 ある秋の空−付録


|まいこさんかわいい動物たちお知らせ野天風呂食の拘りホームに戻る|